今回は、自宅での時間を楽しく過ごすためのおすすめ本を紹介する記事です。


 外出自粛要請の日々の中で 

みなさん、自宅で大人しくしていますか?日本中すっかり「stay home. 家にいよう」が合言葉になっていますね。
俺は自粛なんかしないぜ!とキャンプや旅に出たとしても、キャンプ場もお店も営業してないです。
誰もいない山の中ならキャンプしても良いかもしれませんが、万が一にも怪我してお医者さんの仕事を無駄に増やすのは今は絶対に避けた方がいいでしょう。
ここはもう諦めて家にいましょう。

さて、車中泊の旅やキャンプに行けず、このブログもネタがなくなってきてしまいました。
庭キャンや慣れないDIYなどでお茶を濁すくらいならもういっそ、
いっそアウトドア関係ない記事を書いてやれ。


 『ザ・スタンド』スティーブン・キング 

家でできる楽しいこと、ゲーム・映画・勉強・読書いろいろあります。
今回は読書です。家でも、車の中でも、庭でもできる超コスパの良い楽しみ。それが読書。
もちろんネタバレにならない程度にお話しします。
今回おすすめするのはS.キングの『ザ・スタンド』です。ちょっと怖いよ。

『ザ・スタンド』S.キング

『ザ・スタンド 1』S.キング

なんでこの本を選んだのか。
面白いからなのはもちろんですが、今の世界の状況にそっくりな状況から物語が始まるからです。
つまり、パンデミックです。

本棚のS.キングのコーナー。

僕の本棚のS.キングのコーナー。

初版は1990年。今から30年前に書かれた本です。
書いたのはホラー小説の帝王スティーブン・キング。『スタンド・バイ・ミー』『ショーシャンクの空に』などの感動系の映画原作でも有名ですが、そちらよりもむしろ『ペットセメタリー』『ミスト』『シャイニング』『キャリー』『IT』などなど数えきれないほどのホラー映画の原作小説で有名な作家です。


  ネタバレにならない程度のあらすじ 

お話は、アメリカの軍の研究施設で極秘研究されていた、致命的な変異インフルエンザのウイルスが事故で外部に漏洩することから始まります。

施設が緊急ロックされて閉じ込められる研究者たち。しかし不幸な偶然が重なって、研究施設の門番の男だけが脱出に成功します。

門番の男は家に大急ぎで帰り、妻と娘を連れて車に飛び乗ります。手遅れになる前に遠くへ逃げなければ。

しかしアメリカを半分横断したところで門番の男と家族は全員インフルエンザを発症、3人は死んでしまいます。

彼らは死ぬまでの間に、数えきれないほどの場所と人々にウィルスをまき散らしていました。

感染率99.4%、致死率100%のウイルスが、世界に放たれてしまったのです。もう誰にも止めることはできません。

世界は感染者で溢れていきますが、0.6%の感染しない人々は不思議な同じを見はじめます。

それは、トウモロコシ畑でギターを弾き語る老女の夢か、黒衣の禍々しいの夢でした。彼らはどちらも自分のところへ訪ねて来るように夢で語りかけてくるのでした。

生き残った少数の人々は、それぞれの場所からに出ます。夢の相手に逢うために。


 リアルでパンデミックの今、読むべきか 

あらすじを読めばわかると思いますが、ウイルス怖い怖いというお話ではないのです。話が進むにつれてもっと規模が大きな、善と悪の戦いといったキリスト教の黙示録的なお話になっていきます。文庫で読むと全5巻ある大河ロマン小説です。

猫が興味を示す本は良い本と古来から言われている

猫が興味を示す本は良い本と古来から言われている

長いお話なので、このいつまで続くかわからない自宅自粛を読書でのんびり過ごすにはとても向いていると思います。
その半面、現実に似すぎている物語の序盤部分がキツ過ぎて、読むのがつらくなってしまう可能性も高いです。
現実と被る部分が怖すぎるので「誰が読んでも大丈夫っす」とは口が裂けても言えません。
でも、この状況でこれを読む恐怖体験は今しかできないでしょう。貴重な機会でもあると思います。

本で読むのはちょっとハードルが高いですか?『ザ・スタンド』は映像化もされています。1994年のテレビシリーズで今見るとチープさも感じますが、原作に忠実な映像化で評価も高いです。DVDで入手可能です。

DVD。全4話で358分もある。

DVD。全4話収録で358分ある。

実は2020年の今まさにCBSがリメイクの新ドラマとして撮影・公開を予定していたのですが、コロナパニックで撮影は中断しているようです。完成したとしてもこの状況では公開は難しいかもしれませんね。

誰にでもおすすめはしませんが、S.キングの物語は希望を残して終わる、とだけお伝えして今回の記事は終わります。
お家でも楽しい事はいっぱいあります!お家で過ごしましょう!

電子書籍の方が安い時代ですね

電子書籍の方が安い時代ですね


 コロナウイルス状況記録のプチ日記 

今日は2020年の4月13日です。
僕の住んでる山梨県甲斐市ではまだ緊急事態宣言は出ていませんが、飲食店の営業時間が短くなりました。カラオケなどの娯楽施設は、休業しているお店が先週くらいから増えてきました。今のところ食品や生活必需品はほぼ問題なく豊富に手に入ります。ただ、マスク、消毒用アルコール、ウェットティッシュなどはどこに行っても売っていません。山梨県内の感染者は35人。県内ではまだ死者は出ていません。 -なちょ