今回は、サーモスのソフトクーラーボックスがソロキャンプにちょうどいいという記事です。


 ソフトクーラーボックスは便利 

みなさんキャンプの時に食材はどうしてますか?ハードクーラーボックスですか?ロゴスの氷点下になるボックスも面白いですね。クーラーボックスがあれば生鮮食品を新鮮に保ってくれるし、いつでも冷えた飲み物が飲めるのも便利です。
ソロキャンをするときに僕は、サーモスの5リットルソフトクーラーボックスを使っています。

愛用のソフトクーラー。5リットル入る。

愛用のソフトクーラー5リットル。

クーラーボックスとしてはかなり小さい容量5リットル。
幅24×奥行15×高さ19cmなので小さなメッセンジャーバッグくらいです。
定価1,628円ですが、実売価格はもう少し安くなっています。
激安

でもソフトクーラーボックスは保冷力が弱いでしょう?などと侮ってはいけません。
さすが断熱にはうるさいサーモス(Thermos)、似た形状の他社製品と比べて断然保冷力が強いです。
僕はコールマンのソフトクーラー(15リットル)も持っていますが、かなり保冷力の差を感じます。(大きさが違うことを考慮してもです)

断熱材の層が厚いのがわかる

断熱材の層が厚いのがわかる

サーモス独自の「アイソテック5層断熱構造」というシステムがかなり強力なようです。
他のソフトクーラーボックスと比べると、厚みが全然違います。

そして小さめサイズなのが保冷効果を強くしてるだけでなく、ソロキャンプで陥りがちな
「食料買いすぎてキャンプ場で食べきれない」問題を解決します。
この食べきれないほど買っちゃう問題は、スーパーなどで買い物をしているときにはなぜか気が付かないものです。
ソロキャンパーのあなた、身に覚えがあるでしょう?

食材はこの5リットルソフトクーラーに入りきるだけにすれば、ソロキャン一泊二日にちょうど良いのです!

サーモスのクーラーボックス

公式から引用画像

350ミリリットルなら6缶、500ミリリットルなら4本入る程度の大きさなので、ビール2~3本にステーキ用の肉やソーセージなどを入れると丁度良い感じに入ります。

手前のポケット

正面のポケットにはウェットティッシュやお茶などを入れてる

サイドにもポケットがあり、そちらには肩掛け用のベルトが収納されています。

折り畳める

折り畳んで背後のゴムで止める。コンパクト。

折り畳んでしまえるのもソフトクーラーの利点ですね。
釣りに持って行くようなハードクーラーボックスも家にあるけれど、使わない時は部屋の隅でも結構な存在感を放ってしまっています。
僕の奥さんはハードクーラーボックスがお嫌い。見栄えの悪いじゃま箱と言われています…。

フタの内側にメッシュポケットがあるので保冷剤を入れます。

保冷剤ポケット

一般的なMサイズの保冷剤なら入るはず

保冷剤ひとつだけでも十分冷えるのですが、二泊三日とか真夏のキャンプの場合には僕はちょっと工夫しています。

百均で売っている網

百均で売っているキッチントレー用の水きり網

ダイソーなどで売っているステンレスの水きり網がサイズピッタリなので、これを底に敷きます。
ソフトクーラーの形が崩れなくなるので普段から入れていても良いくらい。

底に敷いた

サイズがピッタリ。

この水切り網の下に保冷剤をひとつ追加で入れると、夏の二泊三日でも凍らせたペットボトル水がまだ凍っていました。
すごく便利。


黒だけでなくブルーもあります。黒色の場合は日なたに放置はしないほうがいいでしょう。
とにかく安いですし、保冷効果も高いのでソフトクーラーボックスを探しているならぜひ。
ソロキャンパーには特におすすめです。

そろそろキャンプ場が春になってオープンしてくれる時期だと思うのですが、今はまだコロナウイルス関係の事情もあり難しいかもしれません。いまオープンしているキャンプ場はとても混んでますね。
おかげで最近アウトドア道具の紹介ばかりになっています。キャンプにも行きたいですね…。