今回は、Fieldoorの車中泊用インフレータブルマットの使用感などを書きます。

もくじ
・いろんな種類のマットの比較のはなし
・FIELDOORのインフレータブルマットはどうか


 いろんな種類のマットの比較のはなし 

みなさん床に敷くマットは何を使ってますか?
僕はキャンプの時はEVAマットとかフォームマットと言われるタイプのボコボコした奴を使い、車中泊の時はインフレータブルマットを使っています。

ボコボコしている折り畳みEVAマットは、安価で、傷が多少ついても問題なく、準備も広げるだけで良いのでとてもです。
ですが、畳んでもとてもかさばること、断熱性能もインフレータブルマットに劣る点などが短所と言えます。

EVAマット

ボコボコしているEVAマット


空気で膨らむインフレータブルマットは、多少の段差程度は全く分からなくなる素晴らしい寝心地と、断熱性能の高さが特徴です。
そのかわり空気を入れたり抜いたりする面倒があります。穴があくともう使えませんし、収納時もそこまでコンパクトとは言えません。

インフレータブルマット

膨らむインフレータブルマット


ホームセンターなどでも数百円で手に入る銀マットは非常に安価ですが、それ以外の点すべてでEVAマットにもインフレータブルマットにも劣ります。
銀マット2枚で段ボールを挟むと素晴らしい断熱性能があるのは昔実験で体感したことがありますが、かさばりすぎるし見た目もあまりよくありません。


 FIELDOORのインフレータブルマットはどうか 

インフレータブルマットといってもピンキリで、サーマレストやハイランダーのようなブランド品から、謎の中華ブランド二千円ポッキリ、というようなものまで様々です。
フリードプラスの荷室にぴったりサイズを探していた僕が購入したのは、FIELDOORのインフレータブルマットLサイズです。
寸法は120cm x 195cmで厚さ10cm。セミダブルベッドと同じくらいかな?


商品が届いたときに写真撮っておいたので、到着時の様子からお見せします。

FIELDOORのインフレータブルマット

梱包されてた段ボールを開いたところ。
でかい段ボールにみっちり

かなり大きい段ボールでお届けされたので若干引き気味でした。
えー?車にこれ入れとくの嫌じゃない?って少し考える程度に大きい梱包でしたよ。

出した直後

お前どうしちゃったのと声かけたくなるくらいシワシワ。
ミイラ。

箱から出した直後はシワシワのヨレヨレ。そして厚みも2cmくらいしかないけど。大丈夫なのこれ?
不安になりつつ四隅についているバルブを緩めると、えらい勢いでシューッ!っと勝手に空気を吸い込みはじめます。

空気を吸い込むバルブ

バルブ緩めた直後。特に息を吹き込んだりしていない

2分くらいすると明らかに厚みが変わってきます。

2分後

2分後は厚み5cm以上になってた。まだまだ膨らむ。

商品受け取って最初の空気注入は長めに時間を取って放置しておくのが良いらしいので、小一時間このままで。

パンパン

パンパン!10cm!すごい!

小一時間放置したらパンパンになりました。
このマットは表裏があって、この面はスエードっぽい手触りがいい感じ。裏は黒くて夏用のサラッとした手触りです。

大人二人寝れる

大人ふたり余裕で寝れそう

これに掛布団をかけて、

スヤァ

( ˘ω˘)スヤァ

普通に眠れる心地良さ。

にゃんこも来るお布団

猫が乗っちゃうのは良いお布団と古来から言われている

僕も寝てみましたけど、5分横になるつもりが気が付いたら30分経ってましたね。
マジ寝してました。

FIELDOORのインフレータブルマットは心地良いうえにフリードプラスの荷室にサイズピッタリ!

車中泊のようす

車中泊のようす。
この床面はぴったりマットが敷いてある


という感じで、フリードプラスにはこの120 x 195のLサイズがピッタリ。
10cmの厚みのおかげで荷室の段差も全く気にならず快眠できます。
僕は車中泊でも家のベッドと同じように熟睡できています。

車中泊ドラマ「絶メシロード」でも登場した商品という事もあり、いま売れてるんじゃないでしょうか。
ちなみに中華ブランドかなと思っていたFIELDOORは調べたら日本の会社でした。安価な割にひと工夫あるグッズが多い印象です。
今後もお世話になると思います。

今回はこの辺で。ありがとうございました。