今回は2019年の8月に行った長野県諏訪郡富士見町の「立場川(たつばがわ)キャンプ場」のレビューなどを書きます。

もくじ
・立場川キャンプ場の基本情報
・キャンプの感想


 立場川キャンプ場の基本情報 

立場川キャンプ場は八ヶ岳のふもとに流れる立場川ぞいの林間地にあります。予約なしで利用できるフリーサイトのキャンプ場です。
立場川本流のすぐ横にテントを張れるわけではありませんが、テントサイトにも用水路のような小川が流れている爽やかなキャンプ場です。

立場川キャンプ場の川

テントサイトから少し歩くと緩やかな川がある

テントサイトはキャンプ場内に点在していて、上記の小川があるサイトの他にも数か所あります。
というか空いてる空間があったらどこにテント張ってもいいような雰囲気ではあるのですが、ちょっと危ない場所もあるので設営場所に迷ったら管理人さんに聞くのが一番ですね。

立場川キャンプ場

オフィシャルサイトからの引用画像。実際に行くともう少しひらけている印象

テントサイトに車の乗り入れはできないので、駐車場から荷物を持って行くことになります。場内には超清潔とは言えないながらも普通にトイレがあり、洗い場と管理練の小さな売店もあります。
直火で焚き火OK。ハンモックに適した並びの木などが容易に見つかる林間キャンプ場です。

立場川キャンプ場を利用するには当日キャンプ場にある管理棟で申込書に記入し、利用料を添えて申し込むだけでOK。予約はなし
料金はデイキャンプ1人600円。1人1泊 1,200円。1人2泊 1,800円。
営業期間は4月下旬から10月下旬。
(外部リンク:富士見町立場川キャンプ場公式webサイト)


 キャンプの感想 

友人親子がキャンプに行きたい、ソロキャン行くなら合流させろという。ソロキャンやりたかったが普通にグルキャンもそれはそれで好きなので一緒に行くことに。
長野あたりで小学生が川遊びできそうなキャンプ場、お手頃料金なところ、ということで立場川キャンプ場に決定した。
はじめて利用するキャンプ場だったので行く前に情報収集したら少し怖い話などあったりして。子供には黙っておこう

立場川キャンプ場の人口滝

キャンプ場すぐ手前にあるダム的なやつ。けっこう山深い。

管理棟で料金を払ってテントサイトに向かうと、人気があるキャンプ場のようで家族連れがいっぱい。
テント設営前にぐるっと場内を見て回ると、水着で川遊びしている子供たちをよく見かける。
キャンプ場から入れる川は浅くて緩やかなので水遊びにもってこいな感じ。

立場川キャンプ場の川

キャンプサイトは正面の林の上の方。川はゆるやかで冷たい。

友人親子が水着になって川で戯れてるのを撮影したりして、いつものソロキャンとは違う楽しさ。
そこらじゅうで子供が遊んでるキャンプ場ってソロでは選択肢に入らないから新鮮。
さてテントサイトに戻って傾斜の少ない場所にテントとタープを設営しよう。結構サイト内に傾斜があるので場所選びは慎重に。

立場川キャンプ場テントサイト

今回モノが少ない。車両乗り込み出来ないので荷物少なめ。

車で横付けできないとどうしても荷物は少なくなる。テントも軽いタイプ。
ハンモック持ってくればよかったかなと後悔する。本当にハンモックに適した並びで木がはえてるから、立場川キャンプ場行くならハンモックおすすめ
さて日が暮れてきたので料理をはじめよう。

直火で焚火

カウボーイスタイルでハンバーグ決めてるのに
横で焼き鳥しないでほしい

珍しく直火で焚火してもOKなキャンプ場なので、グリルを丸太で手早く作って、その辺に落ちている枯れ枝で焚き火開始。
薪は豊富に落ちてる。薪は自前でも用意したほうがいいけど、拾い放題は嬉しい。
食べて飲んで喋ってるとお子様はうとうとし始めてテントで就寝。葉巻を友人と楽しみながら「そう言えばこのキャンプ場だけどね…」

夜の立場川キャンプ場

月明かりの下、怖い話をしながら夜が更けていく

このキャンプ場、かなり昔に死体遺棄事件があったらしくネットで調べると怖い話がいろいろ出てくる。
まぁすごい昔だしテントサイトから離れたところだったみたいだし平気平気。
トイレ一緒に行かない?いやいつもソロキャンしてるだろって一人で怪談話なんかしないんですよ。

夜の森

夜の森ちょうこわい

キャンプ中に怖い話はだめって『13日の金曜日』とかで学んだでしょ。テントの中に入ると外の音が大きく聞こえてただでさえ怖く感じるんだから。楽しい気分でいないと。
もちろん何事もなかったし、霊的なものとか何も出ないし、怖い目にも合わなかった。朝になったらすがすがしい森の中。

立場川キャンプ場

おはようございます。爽やかな森

どうやらこの立場川キャンプ場、チェックアウトの時間とか適当でいいようで何も言われない。いつもより少し遅くまで滞在して完全乾燥撤収。
帰りに車で20分くらいのところにある「鹿の湯」で温泉に入って帰宅。
にぎやかで楽しかったし友達とやるキャンプもいいけど、次は静かな一人がいいかなぁ。


アクセス